ミーティングの流れと役割をご紹介

ミーティングの流れと役割をご紹介2018-12-28T10:54:29+09:00

みなさん、こんにちは。

トーストマスターズクラブはミーティングを通してパブリックスピーキングやリーダーシップを学ぶ場所です。
今回は具体的にどうやってミーティングを進めている進めているかをご紹介しますね🤗

百聞は一件に如かずということでぜひ一度見学に来てもらえると幸いです。
無料の見学の申し込みはこちらからです。

全体の流れ

  • クラブの代表がミーティングの開始を宣言します。
  • 代表が当日参加しているゲストの紹介をします。
    • 代表が名前を呼びましたらゲストの方は立ち上がってください。自己紹介は不要です。
    • ゲストの方はミーティングの最後に感想をお願いします。
  • トーストマスターが当日の例会を進行します。
  • まずトーストマスターがこのセクションでヘルパーの紹介をします。
  • ヘルパーにはジェネラルエバリュエーター、グラマリアン、Ahカウンター、タイマーが含まれます。
  • トーストマスターズを含めた役割についてはこのページのの後半で説明しております。
  • とっても緊張する即興スピーチのコーナーです。
  • テーブルトピックマスターがお題を考えて、参加者のうちの誰かを指定して即興スピーチをしてもらいます。
    • 時間は1:30~2:30の間です。
    • 即興スピーチなのでお題も誰が当たるかも事前に知らされていません。
    • お題は”新年の目標は?”や”子供の頃好きだったスポーツは?”等です。
  • 計4人ほど即興スピーチをしてもらいます。
  • Prepared Speechセッションといって、事前に準備したスピーチを披露します。
  • 時間は5~7分です。
  • 計4人ほどスピーチを行います。

Your Content Goes Here

  • 各スピーチのエバリュエーターがスピーチを評価します。
  • グラマリアンが報告をします。
  • Ahカウンターが報告をします。
  • General Evaluatorがmeeting全体を評価します。
  • ベストテーブルトピックスピーカーを表彰します。
  • ベストエバリュエーターを表彰します。
  • ベストスピーカーを表彰します。
  • 当日参加されていたゲストの方からコメントをもらいます。
  • 代表が終わりのあいさつを行います。

各役割の説明

TOASTMASTER

トーストマスターの例会のホストと進行を担当します。組織運営、時間の配分、司会進行を学ぶことができます。

Key Points for the role

  • クラブや例会の流れを十分理解している必要があります。
  • VPoE(Vice President of Education)から事前にAgendaを取得しましょう。
  • General Evaluatorと協業して参加者全体が役割について把握しているかを確認しましょう。
  • 例会の進行をスムーズにできるように各セクションでスピーカーへの紹介をスムーズに行いましょう。

PREPARED SPEAKER

標準マニュアルやPathWayの課題に沿ったスピーチを制限時間内(5~7分)に行います。

論理的な思考や自信、人前でスピーチするスキルを改善することができます。

Key Points for the role

  • 事前に準備やリハーサルをしましょう。
  • 道具を使うのであれば事前に使用できるかを確認しましょう。
  • 事前にEvaluatorとゴール、強さ・弱さを確認しましょう。

TABLE TOPICS MASTER

好きな質問を事前に準備しておき、Table Topicsのセッションで任意の参加者に質問します。回答者は質問を知らないので即興スピーチを行う必要があります。

司会の進行や時間管理を学ぶことができます。

Key Points for the role

  • 回答者が回答しにくい質問は避けましょう。
  • スピーチする機会がない人にスピーチする機会を与えるようにしましょう。
  • 同じ質問を違う回答者にしないようにしましょう。

WORD OF THE EVENING

Word of the Eveningを発表します。

参加者は英語の語彙を増やし、豊かな言葉遣いを促すために、できるだけ例会中に使うことが奨励される言葉です。

VOTE COUNTER

例会中に行う投票の集計をして、例会の最後に各賞の受賞者をTMoEに伝えます。That’s it !

TIME EVALUATOR

時間内に自分の考えを表現するということをトーストマスターズでは学びます。タイマーが時間を計ることでスピーカーの時間管理を改善できるようにします。

Key Points for the role

  • 時間をスピーカーへ知らせるための道具を使います。使い方を把握しておきましょう。
  • スピーカーへの残り時間の伝え方のルールを求められた場合には説明しましょう。
  • スピーカーの話にも耳を傾けながら、時間を伝えましょう。
  • 各セッションの最後に各スピーカーの名前と時間をTMoEに伝えましょう。

AH-COUNT EVALUATOR

例会内のスピーカーの不要な言葉(”Ah” “Um” “Well,”等)を発したか数え例会の最後に報告します。また、 WoEのカウントも行います。

これにより観察と聴く能力を改善することができます。

Key Points for the role

  • 役割の説明を求められた場合には役割を説明しましょう。
  • 例会中に注意深く発言を聴き、メモを取るようにしましょう。
  • 観察することで得られた気づきをも可能であれば報告しましょう。

PREPARED SPEECH EVALUATOR

Prepared Speechを聞いて、良かった点・改善点を述べ、スピーカーが更に向上するための手助けをします。

積極的に聴く姿勢、論理的思考、前向きなフィードバック方法を学ぶことができます。

Key Points for the role

  • 事前にPrepared Speech Speakerと何を発表するのか何を達成したいのかを確認しましょう。
  • Speakerに口頭と評価シートで客観的な評価を提供しましょう。
  • 評価の際には建設的な批評に加え褒めるようにしましょう。

GRAMMARIAN EVALUATOR

全ての参加者の不完全な文、発音の間違い、文法の間違いを把握し例会の最後に報告します。加えて、Word of Evenining(WoE)の使用頻度も報告します。

Key points for the role

  • 自分ができることを可能な限り行いましょう。この役割を持つことで自分のボキャブラリー、文法、注意深く聞く能力を改善できます。
  • WoEが正しい使い方なのかも確認しましょう。新しいWoEは有益ですが間違えた使い方を覚えるのはよくありません。

GENERAL EVALUATOR

General Evaluatorは例会全体の評価を行います。加えて、Prepared Speech Evaluator, Ah Counter, Grammarian, Timerなどの評価に関わる全ての項目について評価をします。

Key Points for the role

  • 時間管理、熱意、準備とそのパフォーマンス、例会全体について評価し報告できるように全体を把握する必要があります。
  • Prepared Speech Evaluator, Ah Counterなど全てのEvaluatorについて可能な範囲で評価しましょう。
  • Evaluator全体に対し責任を持ちます。必要であれば例会が始まる前に他のEvaluatorと確認をしましょう。
  • 次の例会が良くなるような建設的な全体評価をすることでクラブを前進させるようにしましょう。