What are Toastmasters activities? / Toastmastersはどんな活動をしている?

Home » What are Toastmasters activities? / Toastmastersはどんな活動をしている?

What are Toastmasters activities?

Hello everyone, this is Y.T, President of Visionaries TMC.

I have introduced what Toastmasters is in the previous post. As written in the post, Toastmasters is an organisation which aims to develop public speaking skills and leadership. Then, through what kind of activities do members develop those skills? Today, I would like to introduce Toastmasters main activity, club meeting.

Club meetings are usually held twice a month, two hours each. Meeting venue and schedules differs from club to club. We, Visionaries, usually hold meetings on the first and the third Saturday, from 18 pm at Musashikosugi.

Each member attends the meeting with some kind of role. For example, facilitating the whole meeting, recording the time of each speech, or pointing out grammatical mistakes. These kind of role takers are called “Helpers”. Although they are pretty simple, the are essential to promote the meeting smoothly.

The most important role of the meeting is “Prepared Speaker”. Two to four members are assigned in each meeting, and they prepare a speech to introduce in front of rest of the members. Speech is prepared based on Pathways, an education program offered by Toastmasters International. Time is around five to seven minutes, and any kinds of contents are welcomed.

Finally, “Evaluators” give feedbacks to each prepared speaker. They share good points and improvement points of the speech. The important point is that evaluators must not criticise the speech contents or speaker itself. Evaluators responsibility is to give a constructive feedback to improve the speakers speech.

Meetings are held supported by each role taker. The crux of Toastmasters activities is that you take responsibilities, experience, and learn by yourself.
If you would like to know more about meetings, check out here!

 

Got interested? We are always welcoming guests! Contact us here!

——————————————————————————————————————-

Toastmastersはどんな活動をしている?

こんにちは、Visionaries TMC会長のY.Tです。

前回は、Toastmastersの概要についてご説明いたしました。Toastmastersは、パブリックスピーキングとリーダーシップを要請する組織な訳ですが、普段どのような活動をしているのでしょうか。今回は、Toastmastersの主要な活動である例会についてご紹介いたします。

例会は、原則月に二回で、一回2時間です。開催場所、時間はクラブにより異なります。Visionariesは、毎月第一、第三土曜日の18時から、武蔵小杉で開催しております。

例会では、各メンバーが役割を持って参加します。例えば、例会全体をファシリテーションする人、スピーチの時間を図る人、文法を指摘する人などです。このような役割をヘルパーと良い、地味ではありますが、例会をスムーズに進行するために必要不可欠です。

上記以外の役割の中で、最も重要なのが、Prepared Speakerです。これは、各回2~4人が指名され、事前に準備してきたスピーチをメンバーの前で披露します。時間は一人5~7分。内容は、Pathwaysという教育プログラムに沿って準備してきます。内容に特に制限はないので、趣味のことでも社会問題でもなんでもありです。

さらに、上記Prepared Speakerのスピーチを評価する人もいます。彼らはEvaluatorと呼ばれ、スピーカーと同じ数だけアサインされます。スピーカーのスピーチに対して、良かったところと改善点を述べます。ポイントは、内容や人格を否定しないこと。攻撃したり貶すのではなく、より良くするためにはどうすれば良いか、という建設的なフィードバックをするのです。

以上のような役割の元、例会は進んでいきます。黙っていれば誰かが教えてくれるという環境ではなく、自分から積極的に関わることで学び、成長するのがToastamastersの活動なのです。
例会についてより詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

Visionaries TMCではいつでもゲスト歓迎です! ご興味のある方はこちらからコンタクトください。

2019-12-10T17:57:48+09:00